読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女営業~退職から転職するまで~

★25歳元女性営業マンが語る★元腐女子・元ネトゲ廃人の経歴あり

【ぶらり福島の旅】日帰り温泉「花ももの湯」

旅行

こんにちは、うどんです。


 
今回は、福島の日帰り温泉「花ももの湯」を利用したら大満足だったのでご紹介します。
 
 
東北自動車道「福島飯坂IC」より車で8分。
福島県福島市にある花ももの湯に到着したのは15時過ぎでした。
 
f:id:aquarius19840122:20160503174023j:image
 
GW期間中ということもあり、混雑回避のため早い時間に利用しました。
日帰り温泉は既に多くの利用客がいましたが、窮屈に感じるほどではありませんでした。
 
 

営業時間

 
10:00〜22:00(最終入館21:00)
年に5回程度メンテナンス休館があるようです。
 
 
詳細は公式HPをご覧ください。↓↓
 

充実したアメニティ

 
メイク落としを車に置いてきてしまったのですが、フロント横に「メイク落としをご用意しております。ご利用の際はフロントまで…」の立札発見。
フロントのお姉さんに声をかけると使い捨てのメイク落としもらえました。
助かった〜
 
 
また、シャンプーリンスも市販のものが温泉の手前に用意されており、好きなものを小さなカップに入れて利用することができます。
私愛用のパンテーンが無かったのは残念。
 
 
タオルとバスタオル、浴衣は全て利用料に含まれてます。
浴衣は4種類の中から選ぶことができ、柄や色合いも可愛いいです。
全て男女兼用となっており、サイズはS〜LLまであります。
今回は彼と同じ水色の浴衣を選びました…♡
 
 

足湯

 
f:id:aquarius19840122:20160503175326j:image
 
足湯は男女関係なく利用できるので、湯上りに彼とまったりくつろぎタイム。
お湯の温かさも熱すぎずぬる過ぎず丁度良かったです。
 
f:id:aquarius19840122:20160503185019j:image
 
水の流れる音を聞きながら日頃の疲れを癒してはいかがでしょう?
 
 

温泉

 
f:id:aquarius19840122:20160503232526j:image
 
夜はイルミネーションと伴にクラッシック音楽が流れて雰囲気良かったです。
室内に温度の違う温泉が3つ、露天風呂は効能の違う温泉が3つあります。
 
 
露天風呂の1つに立ち見の湯という立ったまま入浴する温泉がありました。
疲れを癒すために温泉に入るのだから立ったままってどうなのよ?疲れない?とか思いつつ、湯船の淵に腕を乗せると不思議と心地の良い気分。
体はお湯に浸かっているので足も疲れない。
何これ新しいwww
全国探せば立ったまま入る温泉ってあるのかな?
 
 
何はともあれ、温泉もですが、建物自体がすごくきれいだし、温泉の種類も豊富だしで大満足です!
 
 

お食事処

 
●天ざる 1,140円
f:id:aquarius19840122:20160503183211j:image
 
コシのある蕎麦に揚げたての天ぷら。
 
 
ホテル内の食事処なので、あまり期待していなかったのですが、これは美味い!
これでもお蕎麦と天ぷらにはうるさい方ですが、なかなかイケます。
 
 
また、天ぷら用に塩が付いているのもポイント高いですね。
麺つゆに浸して食べるのもいいのですが、やはり揚げたての天ぷらは塩で食べい派なので、塩が付いてて嬉しかったです♡
 
 
ただ、蕎麦湯があればなお良かったかな…
 
 
●豚味噌焼き定食 1,400円
f:id:aquarius19840122:20160503183213j:image
 
こちらは彼の頼んだ豚味噌焼き定食です。
こちらもなかなかのお味だったようです。
お肉は柔らかくとろんとろん。
お味噌のコクが出ており、大変美味だそうです。
ただ、一つ不満だったのはお肉の量が少なかったこと!と言ってました。
 
 
●円盤餃子 830円
f:id:aquarius19840122:20160503183347j:image
 
福島では有名な円盤餃子も注文しました。
餃子が円形に並べられた皿がどーんとテーブルへ。
 
 
パリパリの羽から香ばしい香りが…♡
一口食べると口いっぱいにジューシーな肉汁が広がります。
 
 
メニューの写真で見るよりボリューミーに感じましたが、食べてみると美味しくてぺろりと食べれちゃいました。
 
 
●手作り温泉たまご(無料)
 
お食事処の入口前に温泉たまご手作り体験の立て看板発見。
 
 
なんと無料で温泉たまご作っていいだと…!?
これはやるしかねぇ!と彼と一緒に生卵に名前を書き…
 
f:id:aquarius19840122:20160503214455j:image
 
卵をネットに入れ、ぷくぷくと沸き立つ湯の中へ。
 
どぽん
 
f:id:aquarius19840122:20160503214511j:image
 
待つこと30分。
ちょっと早かったのか白身がかたまらず…
黄身はきちんと半熟状態に!
 
f:id:aquarius19840122:20160503214554j:image
 
用意されていた塩を振って食べてみると…
うん!美味い!
 
生卵なくなり次第終了です。
ちなみに、無料です。(←ここ重要)
 
 

くつろぎスペース

 
日帰り客も自由にくつろげるスペースが3ヶ所あります。
今回、メインで利用したのはこちら↓↓
 
●涼み処
f:id:aquarius19840122:20160503175958j:image
 
リクライニングチェアが20脚用意されており、チャンネル固定ではありますがTVもあります。
 
f:id:aquarius19840122:20160503180143j:image
 
足を伸ばしてゆっくりできるので、旅の疲れを癒すことができます。
また、ブランケットやファッション雑誌も取り揃えており、ご飯を食べ終わったあとはこのスペースで雑誌を読みながらくつろぎました。
 
 

まとめ

 
行きあたりばったりのぶらり福島の旅でしたが、カワベリーカフェといい今回の花ももの湯といい予想以上に満足のいく旅となりました。
※カワベリーカフェの記事は後日アップする予定です。
 
 
いつもは事前に色々調べて計画的な旅をしていたのですが、こういったその場その場で行き先を決めながら、無計画な旅行もいいものですね。
 
 
車中泊だから時間にとらわれず、自由に行き先を決められるのが功を奏した。
 
 
交通費(ガソリン代+高速代)が予想以上にかさみましたが、とっても楽しい旅行となりました!
 
 
次回は私の退職祝いに彼がちょっと奮発していいお宿をとってくれるそうなので、楽しみだなぁ…♡